Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ) 搭乗してみた感想 パリ⇔コルフ島(ケルキラ島) 

例えば、日本からパリに旅行に来てついでに他のヨ-ロッパの都市にも移動時間とコストを抑えて行きたい人!

欧州在住の人でちょっと近隣諸国への旅行を考えている人!

に是非とも読んで欲しいです。

フライト時間は、パリ=オルリ-空港からギリシャ=ケルキラ島(コルフ島)までの約2時間50分という短い時間だったけど、機内の様子、機内食、サービス等、実際に搭乗してみた感想をお届けします。

Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ) 搭乗してみた感想 パリ⇔コルフ島(ケルキラ島)

搭乗手続き

自働チェックイン機にて

Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ)の自動チェックイン機を見つけたら、スキャナー部分に事前に予約してあるバ-コードをかざしてチケットを発行。

または、

チェックインカウンターにてスタッフに予約完了のバ-コード等見せてチケットを発行してもらう。

自働チェックインしている場合でもス-ツケ-ス等預け入れる荷物がある場合は、チェックインカウンターへ!

ここで注意してほしい点は、たった2時間50分のフライト時間でも国際線、搭乗手続きは2時間まえから50分前までには必ず済ませておく事!

搭乗口

 

フライト情報もギリシア語表示が…。 いよいよ本格的に旅の始まりに胸高まる。

搭乗を待っていると、ふとこんなものを発見

なんだか分かりますか?

はい。分かったあなたは、昭和生まれではありませんか?

なんと、懐かしのインベーダーゲ-ムがあったのです。 当時は100円入れて1プレイだったけど、現在2019年、オルリ-空港では、無料で遊び放題でした。

因みに、主人は童心に帰ったようで、夢中になっていました。

夢中になり過ぎて飛行機の時間に遅れないように注意!



いよいよ搭乗

写真からもわかるように、直に地面から直接タラップを上ります。

初めてだとビックリですよね。 結構、格安航空会社の搭乗にて、この方法は結構あります。

写真では、飛行機前方の出入口しか開いていないけど、帰りは後方も開いていて、座席番号によってスタッフから前方から搭乗するか、後方からか指示されました。

Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ)の機内の様子

 

機長がわざわざ座席から見えるところまで来てくれて出発前の挨拶をしてくれました。

機内は3席/2席で国際便にしては、こじんまりとして、勿論モニターもありませんでしたが、狭さを全く感じる事なく2時間50分という短い飛行時間、飽きずに快適に過ごせました。

機内誌

 

Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ)の機内食

ほしい人は、メニュ-表から選んで直接、買うというスタイルでした。

メニュ-表

もしかしたら、空港でサンドイッチを買うより安いのではないか?と思う価格でした。

チキンサンドイッチの味は美味しかったです。

 

機内サ-ビス、スタッフの対応

最初、搭乗して「ボンジュール」と挨拶した時からスタッフの対応等なんだかエ-ルフランスっぽいなぁと思った。

ググってみたらやはり

Transavia Airlines (トランサヴィアエアラインズ)オランダの格安航空会社で、エールフランスKLMグル-プの独立企業ということが分かった。

スタッフの対応は、とても良いという印象があった。

 

預け入れ荷物、手荷物の大きさと重量

預け入れ荷物

預け入れ荷物(総重量)オンライン予約(片道)空港にて(片道)
15kg€ 9 – € 28【旅程により価格が異なる】€ 45
20kg€ 13 – € 35€ 60
25kg€ 17 – € 42€ 75
30kg€ 26 – € 54€ 90
40kg€ 35 – € 66€ 120
50kg€ 63 – € 100€ 150

一人につき最大50kg、バック、ス-ツケ-ス等持ち物5個まで、持ち物一つの最大総量32kgまで。

手荷物

一人一つ持ち込み可。

最大10㎏ (45x40x25cm)。緑ラベル

(55x40x25cm)。赤ラベル

時には、手荷物で持ち込もうとした荷物も搭乗するときに急に預け入れ荷物にされる場合もある。(赤ラベル)

詳しくは 手荷物、預け入れ荷物トランサヴィアエアラインズ

まとめ

私の場合は、片道80ユ-ロでパリ=オルリー空港からギリシャ=ケルキラ島まで、2時間50分の飛行時間で、行きました。コスパが良く、スタッフの対応も行き届いていて、是非次回も利用したいと思いました。もしエ-ルフランス航空のマイレッジを貯めているのならトランサヴィアエアラインで利用したマイルも加算できるのでカウンターでスタッフにお願いするのを忘れずに!



タイトルとURLをコピーしました