フランス在住5年目でわかったフランスの5つのいいところ

フランス港町オンフル-ル

極東、日本から飛行機で直行便で約12時間の国フランス。

 

最初は、不安、不便等々 不がつく言葉しか思いつかなかったフランスでの生活だった5年前。

 

「住めば都」ということわざあるように、今では結構ここフランスでの生活が好きで、気に入っています。

 

実際に私が5年間住んでみて、フランスのいいところだったり好きなところをまとめてみました。

 

フランス在住5年目でわかったフランスの5つのいいところ

食べ物がおいしい

農作物をのせたトラック 

さすが食の国フランスそしてヨーロッパ最大の農業国。

 

朝市「マルシェ」やスーパーで新鮮な無農薬の野菜がお手頃価格で簡単に手に入ります。

 

日本に比べたら野菜、乳製品、肉類、ハムやソーセ-ジの種類も豊富です。

 

魚介類も新鮮なものが簡単にお手頃価格で嬉しくなっちゃいます。

 

なんと漁業法が日本より厳しくないので、魚業免許がない一般市民でも見つけたら貝類、でもエビでもカニでもルールさえ守れば自由に採ることができます。

 

春先にはバケツ片手に家族で潮干狩りをする光景をみます。

 

日本ではよく漁業権を主張する看板や地域によっては監視カメラなんかも最近ではありますよね。

 

オマ-ル海老のBBQ

教育費が英語圏や日本に比べるとかからない

学費と卒業式に被る帽子

 

フランスでは、公立学校で高校まで授業料は完全無料です。

 

給食費は、両親の収入によって異なります。

 

大学は、国立大学であれば年間500ユ-ロぐらい。

 

返済義務なしの奨学金制度や住宅手当も充実しています。

 

美術館、電車など公的交通手段などの学生割引。

 

日本では、学費が払えなくなって退学したとか奨学金の返済で大変だよという話をよく耳にしますフランスでは、学費が理由で学校を辞めたという人はあまりいないと思います。

 

子供の教育費とは少しずれてしまいますが私がこれまで通ったフランス語講座は、公的機関の講座だったので完全無料でしたよ。

 

パリ市内で昼食を公園で食べる高校生

パリ市内 ランチ時の高校生

子育てがしやすい

街を普通に歩いていてもお店でも、バスなどの公共の乗り場の中でも妊婦さんや小さい子供連れのお母さん達に対しての配慮が日本以上だと個人的に思います。

 

日本ではバス乗車時にベビ-カ-で苦戦して困っているママがいても結構知らん顔している人が多いなぁという印象があります。

 

地域によって多少違いがあると思うのですがフランスでは保育園や幼稚園の待機児童問題等聞いた事がありません。

 

 

職場も、子育て世代には日本企業に比べたら働きやすい環境だと思います。

適当加減がちょうどいい

仲良く話すふたり

日本だとちょっと周りと違う生活スタイルだったり、考え方、少数派の人達は、つまはじきにされるというか、同調圧力、みんな仲良く的思考ってありますよね?

 

いい意味でも悪い意味でもこちらの人はそれほど他人には関心がない。

 

日本では芸能人が不倫した事が大々的に報道されたりしますよね?

 

そういったニュ-スを流せば視聴率があがる。

 

そういったニュ-スを見たい人がたくさんいる。

 

つまり他人の事に関心はある人が多い。

 

ってことになりますよね?

 

フランスではそんな誰かの私生活などのゴシップ系のネタがニュ-スになる事はまずありません。

 

私は私。あなたはあなた。

 

ゲシュタルト精神というか…。

 

 ‘’ce n’est pas mes oignons. ‘’  それって私の問題じゃないよね。

 

状況によっては責任逃れっぽくなるけど私はこのフレ-ズが大好きです。

 

※とはいっても実際ゴシップおじさんやおばさんはフランスにもいますけどね。

欧州の都市に気軽に旅行に行ける

アイルランドの飛行機に乗る人々

例えば

夜行バスでスペインへ

フェリーでイギリスへ

電車でブリュッセルへ

飛行機でミラノへ

自家用車でドイツへ等など様々な交通手段で色々な国へ数時間で簡単に行くことが出来きちゃいます。

フランス文化は勿論色々な文化に触れやすい

世界的に有名なル-ブル美術館や展覧会にもすぐに行けちゃいます。

 

そしてまた長い間、各国から移民を受け入れてきたフランス。

 

私の住んでいる小さな街にもたくさん居ます。

 

中華系移民の旧正月のお祝い、イスラム教徒のラマダン、日本の文化紹介、アフリカ祭り、イベント、レストラン、語学教室。

 

彼ら移民達によってフランスに定着させた彼ら独自の文化にも日本に住んでいた時以上に直に触れられます。

民族衣装を着てダンスする人々

アルバニアのお祭り フランスにて

フランス在住5年目でわかったフランスの5つのいいところまとめ

フランスノルマンディー地方の港町

確かにいい事ばかりだけではなく不便な事が多いフランスでの生活ですが、海外生活を楽しくするのも嫌なものにするのも基本、自分の心の持ち方次第だと思います。

 

「住めば都」とは日本古来のことわざのようです。

 

本来の意味は ‘’住みなれちゃうと、どんな場所でもそこが最適で心地のいい場所‘’らしいですが

 

無理に英語にすると‘’Home is where you make it !‘’ とちょっと元々の意味とは違いがでてきますが直訳すると、‘’自分で作った場所、そここそが自分の居場所になる‘’ のほうが私には近いような気がします。

タイトルとURLをコピーしました